2007年10月06日

つめ水虫ってどんなもの?そのA

つめ水虫を改善するためには、まずは水虫とはどういうものかを知ることと同時に、水虫の予防法などを知らなければいけません。

 つめ水虫は、前の記事でもご紹介したとうり、通常皮膚に住み着く白癬菌がつめの中に入ってくるために起こります。そしてつめ水虫は、普通の塗り薬では治りにくいのです。

 今回もつめ水虫にならないためにも、水虫の原因と対策についてご紹介しますので、しっかりと理解してください。



  • つめ水虫-水虫とはその4

  • 水虫が原因となる症状はいろいろあります。典型的な症状をいえば、足の皮がむけてきたり、かゆくなることも非常に多いです(だいたい皆さんのイメージ通りだと思います)。
     
     さらに水虫が進行してくると、つめ水虫になってしまい、つめが白く濁ったような状態(場合によっては茶褐色)になったり、つめが厚くなったりしてきます。

  • つめ水虫-水虫とはその5

  •  水虫の症状は、分類するといくつかに分けることができます。まずは趾間型、次は角質増殖型、最後は小水疱型です。これらの水虫はそれぞれ特徴があります。

     趾間型とは水虫の影響でジュクジュクした状態になっています。

     角質増殖型とはカサカサ状態の水虫のことを言います。

     小水疱型とは水ぶくれのようになっている水虫のことを言います。

  • つめ水虫-水虫とはその6


  •  水虫になると、この趾間型、角質増殖型、小水疱型の3つの症状のいずれかの状態になることが多いです。

     水虫のCMでよく見られるのはジュクジュク水虫の趾間型で、もしかしたら角質増殖型、小水疱型の2つはイメージしづらいかもしれませんね。

     この3つのうち、小水疱型の水虫は、かなりのかゆみを感じることがあるようです。
posted by つめつめ at 00:12 | Comment(130) | TrackBack(2) | つめ水虫の対処法

2007年10月04日

つめ水虫ってどんなもの?

 つめ水虫の改善のために、まずは水虫とはどういうものかを知ることと同時に、水虫の予防法などを知りましょう。
 
 つめ水虫は、通常皮膚に住み着く白癬菌がつめの中に入ってくるために起こります。そしてつめ水虫は、普通の塗り薬では治りにくいため、飲み薬をつかって治療します。

 まずはつめ水虫にならないためにも、水虫の原因と対策をしっかりと理解しておきましょう。


  • つめ水虫-水虫とはその1

  • 水虫は先ほども申し上げたとおり、白癬菌というカビの一種が原因となって起こるものです。白癬菌が足の裏や指の間などに住みつく状態が水虫といいます。この白癬菌ですが、実は身体のどの部分にも寄生することができます。

  • つめ水虫-水虫とはその2

  • 水虫の原因となる白癬菌は、皮膚の表面の角質の成分となっているケラチンというタンパク質を栄養源としているそうです。ケラチン自体はどの部分の皮膚にも存在するため、身体のどこでも寄生してしまう可能性があります。ケラチンは、皮膚の一部である髪の毛にもあるため、白癬菌は髪の毛にも寄生することもあるそうです。

  • つめ水虫-水虫とはその3

  • 白癬菌は身体のさまざまなところに寄生します。例えば白癬菌が足に寄生したら足白癬といいます。つめに寄生したら爪白癬、頭に寄生したら頭部白癬といいます。ただ身体のどの部分に出ても、最初の原因は足に出来る足白癬だと思われますので、この足の水虫である足白癬を撃退しない限り、他の部分の水虫自体も改善はしません。ですので、つめ白癬の治療を飲み薬でおこなっているときでも、足白癬の治療のため、塗り薬での治療を継続して行うようにしましょう。
posted by つめつめ at 13:54 | Comment(51) | TrackBack(0) | つめ水虫の対処法

2007年10月03日

つめ水虫で悩んでいませんか?

 つめ水虫ってご存知ですか?

 足のつめが、白もしくは茶褐色に変色したり、変形していたりして、悩んでいる人、意外に多いようです。そういう人はつめ水虫の可能性があります。

 つめ水虫は文字通り、つめに出来る水虫のことをいいます。通常水虫は皮膚に白癬菌という菌が住みつくことによって起こります。足の指の間などに良くでき、かゆみを伴うことも多く、夏場などはかゆみで不快になります。

 つめ水虫は、通常足の皮膚に住みつく白癬菌が、つめの間に入り込むことによってなります。つめ水虫になると、つめが白っぽくなったり、つめが分厚くなったりします。かゆみなどの自覚症状はありませんので、そのままほっておかれることが多いです。つめ水虫になってからしばらくしてつめの異変に気づき、つめ水虫になったことに気づくことが多いです。

 つめ水虫は、つめの間に白癬菌が入り込んでしまうために、水虫専用の塗り薬などを使っても、薬が白癬菌まで届くことができません。そのため通常皮膚に出来る水虫よりも治りが悪くなります。そのため最近ではつめ水虫を治すために、飲み薬が使われることが多くなってきました。

 つめ水虫はかゆみなどの自覚症状はないものの、つめの変色や硬化などで見た目で分かることが多いです。(とはいえ、つめ水虫を診断するためには、顕微鏡をつかって白癬菌がいるかどうかきちんと見ないとわからないのですが)

 そのためつめ水虫になってしまうと、素足になることが恥ずかしくなったりすることがあります。若い女性などにとっては大問題ですよね。またつめ水虫は治りにくいために、知らずに家族などにうつしてしまうこともあり、自分だけの問題だけでは済まないことがあります。
posted by つめつめ at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | つめ水虫の対処法